安心・信頼、生きがいあふれる21世紀、みんなと共に!

NTT労働組合退職者の会

主な活動

組織拡大の取り組み

毎年、3月末の退職予定者を対象に、グループ連絡会と退職者の会支部協議会などが連携し説明会を開催。共済の手続きや退職者の会の活動などを紹介し、加入促進を行っています。現在、退職者の会の会員数は、2016年6月現在、約11万9,600人強。全国の仲間や地域でのつながりを大切にしながら、NTT労組のさまざまな活動に積極的に参加していきます。

東日本大震災の復興支援と災害対策の取り組み

退職者の会の基本は、何よりも、「仲間同士の助け合い」です。

東日本大震災をはじめ全国各地で記録的な自然災害が相次ぎました。退職者の会でも多くの会員・家族が被災し、犠牲となられた方もいます。
被災地では、支部協を中心に、現役のサポートを得ながら、安否確認や被災状況の把握、共済手続きの支援などに尽力しました。
また、全国では、現役・退職者が一体となって、救援物資の提供や支援カンパ、現地ボランティアなどに取り組み、被災地を支えました。
異常気象や自然災害はこれからも起こり得ると予測されます。引き続き、「仲間同士の助け合い」を合言葉に、東日本大震災の復興・支援、「被災地だより」の継続や被災地支部協議会への助成を継続し、会員の安心・安全に貢献していきます。

災害時のいざという時に会員の安否確認を行うため、NTT労組の「危機管理マニュアル」について、支部協とグループ連絡会、現役の分会が連携して具体化の話し合いを進めます。なお、長期旅行や自然災害で被災された時、施設に入居された時などは、会員から所属の支部協へ連絡をとることとします。

平和行動

中央協議会と各支部協議会、組織と会員のコミュニケーションづくり

現・退一致の運動の推進

田嶋かなめ

退職者の会は、NTT労組と連携協力し、NTT労組運動の一翼を担い、現退一致で諸活動の推進をはかります。

第48回衆議院議員選挙に向けた取り組みでは、いついかなる場合での解散にも備えるとともに組織内『たじま要(千葉一区)』衆議院議員の再選に向け「現・退一致」の取り組みを強化します。

福祉活動

会員相互の助け合いを重視し、とりわけ情報労連、NTT労組と連携する福祉事業体と取り組みを積極的に推進します。
そのため、電通共済生協・きらら保険サービス・労連共済本部の加入促進キャンペーンに積極的に取り組んでいます。
各種事業体における取扱い商品、各種相談は、ホームページの福祉の取り組みをご覧ください。

退職者連合活動を中心とした共闘活動への参加

平和で豊かな社会と暮らし、「安心・安定の高度福祉社会」の実現に向け、情報労連、連合さらに退職者連合との中央・地方での連携した取り組みを追求します。
連合の政策・制度要求の実現をめざし、退職者連合活動に積極的に参加、及び意見提起を行っています。

このページの先頭へ戻る